私たちの仲間を紹介します。

当社は工作機械事業と自動二輪車部品事業を主力に、高度な金属加工技術で開発から製造・販売までを一貫して行う工作機械メーカーです。そして、製品の高品質化と生産の高効率化という製造業にとっての永遠の課題に対し、お客様生産設備の開発・提案を通して最適なソリューションを提供している研究開発型企業でもあります。当社が求めるのは、その実現に向けて挑戦できる人材です。当社にとってユニークな個性を持った人材は宝です。ここでは様々な部署で活躍する若手先輩社員の姿から、ヤマザキという会社のことをもっと知っていただければと思います。

自分が組み立てた機械が世の中で活躍している

TAKUMI YAMAMOTO

テクニカルセンター 工機2017年入社 山本拓臣

モノづくりの真剣さが伝わり入社を決意

入社以来、工機部で専用工作機械の組み立てを行っています。現在はその中の一つのインデックスマシンを専門に組み立てています。工業高校の出身なので、当社のような機械メーカーで働きたいと思っていましたが、就職活動時にどんな企業がいいか迷っていました。きっかけはクラスメイトから当社が第一希望だと聞き、興味を持ったことでした。工場見学では様々な高性能の機械を作っていることや、モノづくりの真剣さが伝わり、入社を決めました。そのクラスメイトも入社し、同期社員として働いています。

初めて組み立てた時の達成感が忘れられない

高校時代は旋盤などを使った加工を学んでいたので、パーツの加工製造業務に配属されると思っていたのですが、組み立てを担当することになったときは少し驚きました。それまで全くやったことがなかったですし、当社の製品はかなり高性能な機械なので組み立てが難しく、最初は先輩に教わりながら何とか仕事をこなしていました。コツコツと学んでいき、初めて自分一人で組上げたときの達成感は今も忘れられません。パーツだったものが、最後には機械としてカタチになり、それが世の中で活躍する。やりがいがものすごくあります。

失敗を次に生かそう

緊張感を持ちながら、失敗も成長に繋げていく社風

もちろん達成感だけでなく、挫折や失敗もありました。製品の納期が迫っている時に、必死で機械を組み立てた直後に、焦って落としてしまい出荷できなくなってしまったこともありました。その時は「やってしまった…」と落ち込みましたし、きつく注意もされました。しかし、先輩や上司も優しい人が多いので、ミスを怒鳴りつけるような人はいません。責め立てられると、さらにミスをしてしまったらと不安になってしまうものですが、そのようなことはないので、失敗を次に生かそうという気持ちになれます。緊張感を持ちながら、失敗も成長に繋げていこうという社風だと思います。

人柄のいい社員ばかり、社内の雰囲気がいい

この会社は人柄がいい社員が本当に多いんです。学生時代は自分の気の合う仲間とだけ付き合っていればいいですが、社会人になると違います。性格的に合わない人とも協力して働かなければなりません。他の企業に就職した高校時代の友人と話をすると、「現場に怖い先輩がいて、分からないことを聞きにくい」などと耳にすることもあります。でも、この会社ではそういうことは全くなく、分からないことはすぐに教えてくれます。社内の雰囲気がかなりいいのだと思います。

TAKUMI YAMAMOTO

すべての機械を組み立てられるようになりたい

当社では様々な専用工作機械を製造しています。私が担当するインデックスマシンの他にもホーニングマシンやトランスファーマシンなど様々な製品があり、今は仕事の合間に別の機械のことも勉強中です。いずれは当社で作っている機械で組み立てられないものはないようになりたいと思っています。

いずれは仕事でも海外に行ってみたい

プライベートでは、子供のころから興味のあるフランスにいつか行ってみたいと思っています。日本とは異なるヨーロッパの建物や文化に憧れがあり、ディズニーランドのような街が本当にあるのをこの目で見てみたいですね。当社ではベトナムに現地法人があり、アメリカなどに海外出張に行く社員もいます。いずれは仕事でも海外の様々な国に行くことができればと思っています。

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー